My Application Objective C Reference
Home
Application
SQLite 3
Core Text
PDF
iCloud
Core Motion
MyDictionary
  • MyOwnDictionary
  • MyOwnDictionaryは映画の字幕や書籍から一文を集めて自分の辞典を作るアプリです。日本語の書籍は青空文庫からダウンロードされます。英語の書籍はRead Centralからダウンロードされます。映画の字幕ファイルはiCloudを使ってiPhoneに転送されます。PDFやEBookは、iBooksに送られます。iOS6にも対応しています。
    MyOwnDictionaryの紹介
  • MyOwnDictionaryの最初の画面
  • 書籍内で検索
  • 一致した文章の一覧
  • ダウンロード出来る書籍の一覧
  • ダウンロード出来る書籍の一覧
  • 拡大して表示
  • 選択した書籍の説明
  • iCloudの使い方
  • iCloud内のファイルの一覧
  • 書籍を開く
  • 開いたページ
  • ダブルクリックで単語を選択
  • 長押しで文章を選択、TJEに追加
  • Thesaurus of Japanese and English ( TJE )の紹介
  • TJEの最初の画面
  • MyOwnDictionaryの最初の画面
  • 単語と文章を付け加える
  • MyOwnDictionaryの最初の画面

    instruction01

    入力欄にキーワードを入れて検索します。一致した書籍の一覧は表示されます。書籍を選び長押し(Long Press Gesture)をすると書籍の文章からキーワードを検索します。

    1)キーワードを入れて検索します。
    2)書籍の表紙、題名、著者名。
    3)拡大した表紙の一覧が表示されます。
    4)ダウンロードした書籍を消去します。
    5)この取扱説明書を開きます。
    6)iCloud内の字幕ファイルとそのイメージの一覧が表示されます。
    7)書籍を追加します。

    詳細は、iCloud で確認してください。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    #OCR - UITextField
    #OCR - iCloud
    選んだ書籍内でキーワードを検索する

    instruction01
    キーワードと一致した文章の一覧

    instruction01

    図は、キーワードと一致した文章の一覧です。まず、『例文を検索する』によってキーワードはTJEからMyOwnDictionaryへ送られます。次にそのキーワードは夏目漱石中・長編小説集の本文から検索されます。使い慣れていない類語の例文を書籍より検索します。
    標準のテキスト形式の文章をiCloudによって転送することができます。

    1)文章の一覧を消去した後、書籍の一覧が表示されます。
    2)書籍内でキーワードと一致した文章の一覧。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    ダウンロードする書籍の一覧

    instruction03

    一覧から書籍を選ぶと詳細が表示されます。説明は、Wikipediaから抜粋しました。

    1)キーワードを入力して、題名か作者名から検索します。
    2)書籍の表紙、題名、作者名。
    3)前の画面に戻ります。
    4)書籍の表紙を拡大します。
    5)日本語の書籍だけか、英語の書籍だけが表示されます。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    #OCR - SQLite 3
    表紙を拡大した一覧を表示します

    instruction04

    ダウンロードする書籍の表紙を拡大した一覧を表示します。

    1)拡大した書籍の表紙。

    #OCR - UICollectionView
    iCloud内のファイルの一覧

    icloud

    iWorkのPages - Appleが購入してある場合に、iCloud内のSRTファイル、テキストファイル、JPGイメージファイル、PDFファイルとEpubファイルの一覧を表示します。iCloudのフォルダは、Mac内の~/Library/Mobile Documents/~com~OCRI~MyOwnDictionary/Documentsです。最初にFinderを選択した状態で、( command + shift + G )を押して、Mobile Documentsフォルダを開きます。次にその中の~com~OCRI~MyOwnDictionary/Documentsフォルダを開きます。最後に作品名と著者名を『_by_』で区切ったSRTかテキストと同じ名前のJPGファイルを移します。(JPGファイルがない場合はテキストファイルだけが読み込まれます。)
    吾輩は猫である_by_漱石.txtのように日本語のファイル名をつけた場合は、日本語のエンコーディングを使用します。青空文庫のテキストファイルはそのまま読み込まれます。英語とローマ字でI_am_a_cat_by_Soseki.txtとした場合はUTF-8のエンコーディングを使って、英語と日本語のテキストは両方とも読み込まれます。

    アプリ:アプリのロゴから移動した最初のWebページが、SRT、テキストとJPGイメージファイルの一覧です。それらのファイルはiCloudからiPhoneへ転送されます。Webページの検索エンジンは、キーワードと一致した書籍のリンク先を開きます。検索欄に”eng”と打つと英語の書籍の一覧が表示されます。”jpn”と打つと日本語の書籍の一覧が表示されます。空欄にするとすべての書籍が表示されます。リンク先から各サイトの構成とは、無関係にSRTかTXT形式のファイルを読み込みます。

    1)キーワードからiCloud内のファイルを検索します。
    2)ファイル名と拡張子の種類が表示されます。
    3)一覧を再度読み込みます。

    iCloudの設定はこちらから。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    #OCR - iCloud
    選択した書籍の詳細を表示する

    instruction04

    Wikipediaから抜粋した説明文が表示されます。

    1)ダウンロードする書籍の一覧に戻ります。
    1)書籍をダウンロードします。
    1)Wikipediaのリンク先を開きます。

    #OCR - UIView
    #OCR - Core Text
    #OCR - UIActionSheet
    書籍を開く

    instruction04

    書籍を開きます。画面に軽く触れると上下のツールバーが消えます。”<Yomigana>”は、3)×ボタンによって漢字の右に配置されます。

    1)ダウンロードした書籍の一覧に戻ります。
    2)ページを読み上げます。(次のバージョン、1.15)
    3)30ページ分の”Yomigana”が配置されます。
    4)任意にページを開くスライダー。
    5)ダブルクリックか長押しによって単語、または文章を選択します。


    #OCR - UIView
    #OCR - Core Text
    #OCR - UIActionSheet
    #OCR - AVSpeechSynthesizer
    ダブルクリックで単語を選択

    instruction04

    ダブルクリックで単語を選択します。

    1)選択した単語をコピーします。
    2)単語をTJEによって検索します。
    3)単語をAppleの辞典を使って検索します。


    #OCR - UIView
    #OCR - Core Text
    #OCR - UIActionSheet
    長押しによって文章を選択し、TJEにそれを追加

    instruction04

    長押し(Long Press Gesture)によって単語か文章を選択します。3)シンプル類英英和に追加するで、選んだ文章をTJEに転送します。この作業を繰り返して、TJEの裏面に自分の辞典を作ります。

    1)単語か文章がコピーされます。
    2)文章は機械翻訳されます。
    3)文章はTJEに付け加えられます。
    4)キーワードはTJEによって検索されます。
    5)キーワードはAppleの辞典によって検索されます。


    #OCR - UIView
    #OCR - Core Text
    #OCR - UIActionSheet
    Thesaurus of Japanese and English ( TJE ) + MyOwnDictionaryの最初の画面

    instruction04

    この最初の画面の裏面がMyOwnDictionaryになります。MyOwnDictionaryからの文章の追加は、この表の画面でのみ動作します。蓄えられた単語の検索は裏の画面でのみ動作します

    1)この取扱説明書を開きます。
    2)MyOwnDictionaryに切り替えます。


    詳細は、 Thesuarus of Japanese and English で確認してください。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    #OCR - SQLite 3
    MyOwnDictionaryの最初の画面

    instruction04

    MyOwnDictionaryの最初の画面です。蓄えた文章からキーワードを検索します。

    1)キーワードを入れて、蓄えられた文章の中から検索します。
    2)例文が表示されます。
    3)蓄えられた文章をcommaと改行で区切ります。そして、テキスト形式のファイルをiCloudに書き出します。詳細は、左側のリンクの一覧のiCloudをご覧ください。
    4)この取扱説明書を開きます。
    5)TJEに戻ります。


    詳細は、 iCloud で確認してください。

    #OCR - UIView
    #OCR - UITableView
    #OCR - SQLite 3
    #OCR - iCloud
    単語と文章を付け加える

    instruction04

    MyOwnDictionaryから、長押し(Long Press Gesture)で選択された一文を入力する画面です。シンプル類英英和に追加するで送られてきた一文から、単語(キーワード)を選び登録します。登録された文章は、My-Dictionaryの最初の画面の検索欄から、選択した単語(キーワード)で検索します。

    左の図は、夏目漱石の明暗から、津田の顔には苦笑の裡に淡く盛り上げられた失望の色が見えた。の一文を、淡くの単語(キーワード)の例文として登録をするところです。2)+ボタンで登録します。

    1)文章を登録せずに、My-Dictionaryに戻ります。
    2)単語(キーワード)を選んだ後に、その単語と文章を登録します。
    3)文章から選ばれた単語(キーワード)が表示されます。
    4)ダブルクリックか長押し(Long Press Gesture)で、文章から登録する単語(キーワード)を選びます。

    #OCR - Core Text
    #OCR - UIActionSheet
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.