My Application Objective C Reference
Home
Foundation.framework
NSObject
UIKit.framework
NSObject
UIControl
UIViewController
UIView
AVFoundation.framework
NSMutableData Class Reference
可変のデータを作る
  • + dataWithCapacity:
  • – initWithLength:
  • データを加える
  • – appendData:
  • データを変える
  • – setData:
  • 可変のデータを作る
    + (id)dataWithCapacity:(NSUInteger)aNumItems
    指定されたbyte数の可変のデータを返す。必要に応じてメモリーを追加する。
    例)
    NSMutableData * mdata;
      mdata = [NSMutableData dataWithCapacity:10];
    
    - (id)initWithLength:(NSUInteger)length
    与えられたlengthの数の可変のデータを返す。
    例)
    NSMutableData * mdata;
     mdata = [[NSMutableData alloc] initWithLength:10]; 
    
    データを加える
    - (void)appendData:(NSData *)otherData
    他のデーターを追加する。
    例)
    [mdata appendData:data];
    
    データを変える
    - (void)setData:(NSData *)aData
    他のデーターと置き換える。
    例)
    [mdata setData:data]; 
    
    参考:NSMutableData Class Reference
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.