My Application Objective C Reference
Home
Foundation.framework
NSObject
UIKit.framework
NSObject
UIControl
UIViewController
UIView
AVFoundation.framework
NSObject Class Reference
クラスを初期化する。
  • + initialize
  • オブジェクトの作成、コピー、および割り当てを解除する
  • + alloc
  • – init
  • – copy
  • – dealloc
  • クラスを識別する
  • + class
  • + superclass
  • メッセージを送る
  • – performSelector:withObject:afterDelay:
  • – performSelectorInBackground:withObject:
  • クラスを初期化する。
    + (void)initialize
    オブジェクトを初期化する。
    オブジェクトの作成、コピー、および割り当てを解除する。
    + (id)alloc
    受け取ったクラスの新しいインスタンスを返す。
    - (id)init
    メモリーを割り当てた後に直ちに新しいオブジェクトを初期化したサブクラスによって実装される。
    - (id)copy
    copyWithZone:によって返ってきたオブジェクトを返す。
    - (void)dealloc
    占有しているメモリを解放する。
    クラスを識別する。
    + (Class)class
    指定されたURLのリソースを開く。
    + (Class)superclass
    スパー・クラスのためのクラス・オブジェクトを返す。
    メッセージを送る
    - (void)performSelector:(SEL)aSelector withObject:(id)anArgument afterDelay:(NSTimeInterval)delay
    デフォルト・モードで使っている現在のスレッド上のメソッドを延期の後に呼び出す。
    例)
    [self.performSelector:@selector(methodName:) 
      withObject:@"any text" afterDelay:1.0f];
    
     -(void)methodName:(NSString *)string {
     
                省略 
    };
    
    - (void)performSelectorInBackground:(SEL)aSelector withObject:(id)arg
    メソッドを新しいバックグランド・スレッドで呼び出す。
    例)

    [self. performSelectorInBackground:
      @selecter(methodName:) 
       withObject:@"any text or nil"]; 
    
    参考:NSObject Class Reference
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.