My Application Objective C Reference
Home
Foundation.framework
NSObject
UIKit.framework
NSObject
UIControl
UIViewController
UIView
AVFoundation.framework
UITableView Class Reference
テーブル・ビューを初期化する
  • – initWithFrame:style:
  • テーブル・ビューを設定する
  • – dequeueReusableCellWithIdentifier:
  • style
  • – numberOfRowsInSection:
  • – numberOfSections
  • rowHeight
  • separatorStyle
  • backgroundView
  • tableHeaderView
  • tableFooterView
  • sectionHeaderHeight
  • sectionFooterHeight
  • セルとセクションにアクセスする
  • – cellForRowAtIndexPath:
  • – indexPathForCell:
  • – initWithStyle:reuseIdentifier:
  • textLabel
  • detailTextLabel
  • text
  • ターブル・セルの編集を管理する
  • editing
  • – setEditing:animated:
  • テーブル・ビューを再読み込みする
  • – reloadData
  • デリゲートとデータ・ソースを管理する
  • dataSource
  • – tableView:cellForRowAtIndexPath:
  • – numberOfSectionsInTableView:
  • – tableView:numberOfRowsInSection:
  • – tableView:titleForHeaderInSection:
  • – tableView:titleForFooterInSection:
  • – tableView:commitEditingStyle:forRowAtIndexPath:
  • – tableView:canMoveRowAtIndexPath:
  • – tableView:moveRowAtIndexPath:toIndexPath:
  • – sectionIndexTitlesForTableView:
  • delegate
  • – tableView:heightForRowAtIndexPath:
  • – tableView:heightForHeaderInSection:
  • – tableView:heightForFooterInSection:
  • 概要
    階層的なリストを表示する。縦方向のスクロールだけ可能。セルはタイトルとイメージ、右端にアクセサリービューを表示する。
    例)
    UITableView * tableView = 
     [[UITableView alloc] 
      initWithStyle:UITableViewStyleGroup];
     tableView.frame = CGRectMake(originX, 
      originY, width, height);
     tableView.alpha = 1.0f;
    tableView.alwaysBounceVertical = YES; tableView.showsHorizontalScrollIndicator = NO; tableView.dataSource = self; tableView.delegate = self; tableView.separatorColor = [UIColor lightGrayColor]; [self.view addSubview:tableView];
    テーブル・ビューを初期化する。
    - (id)initWithFrame:(CGRect)frame style:(UITableViewStyle)style
    指定したテーブルのスタイルとフレームで、テーブル・ビュー・オブジェクトを初期化して、返す。UTTableViewStylePlainは、デフォルトとなる。
    例)
    UITableView * tableView = 
     [[UITableView alloc] 
      initWithStyle:UITableViewStyleGroup];
    
    テーブル・ビューを設定する。
    - (id)dequeueReusableCellWithIdentifier:(NSString *)identifier
    再利用テーブル・セルを返す。
    例)
    static NSString *CellIdentifier = @"Cell";
    
    UITableViewCell * cell = 
     [tableView 
      dequeueReusableCellWithIdentifier:CellIdentifier];
    
    @property(nonatomic, readonly) UITableViewStyle style
    スタイルを返す。(read-only)
    例)
    typedef enum {
    
        UITableViewStylePlain, 
         //デフォルト値
        UITableViewStyleGrouped 
         //グループによって分かれたテーブル
     }  UITableViewStyle;
    
    
    - (NSInteger)numberOfRowsInSection:(NSInteger)section
    テーブルセルの数を返す。
    例)
    return numberOfRows;
    
    - (NSInteger)numberOfSections
    セクションの数を返す。
    例)
    return numberOfSections;
    
    @property(nonatomic) CGFloat rowHeight
    テーブル・セルの高さを返す。
    例)
    tableView.roHeight = anyHeight(float);
    
    @property(nonatomic) UITableViewCellSeparatorStyle separatorStyle
    セパレーターのスタイルを返す。
    例)
     typedef enum {
    
        UITableViewCellSeparatorStyleNone, 
         //スタイルを持たない。
        UITableViewCellSeparatorStyleSingleLine, 
         //単一の線。デフォルト値
        UITableViewCellSeparatorStyleSingleLineEtched 
         //二重の線。
     } UITableViewCellSeparatorStyle;
    
    tableView.separatorStyle = 
      UITableViewCellSeparatorStyleNone;
    
    @property(nonatomic, retain) UIColor *separatorColor
    セバレータの色を返す。デフォルト値は灰色。
    例)
    tableView.separatorColor = [UIColor blueColor];
    
    @property(nonatomic, readwrite, retain) UIView * backgroundView
    テーブル・ビューの背景のビュー。背景のビューは、自動的にテーブル・ビューの大きさに合うように変更される。このビューはすべてのセル、ヘッダー・ビューとフッター・ビューの背後に置かれる。
    例)
    tableView.backgrroundView = UView;
    
    @property(nonatomic, retain) UIView * tableHeaderView
    テーブルの上に表示される付属のビューを返す。デフォルト値はnil。
    例)
    tableView.tableHeaderView = anyView;
    
    @property(nonatomic, retain) UIView * tableFooterView
    テーブルの下に表示される付属のビューを返す。デフォルト値はnil。
    例)
    tableView.tableFooterView = anyView;
    
    @property(nonatomic) CGFloat sectionHeaderHeight
    セクション・ヘッダーの高さ。この値はデリゲートがメソッドのtableView:heightForHeaderInSection:を実装していない時にのみ使われる。
    例)
    tableView.sectionHeaderHeight = anyHeight(float);
    
    @property(nonatomic) CGFloat sectionFooterHeight
    セクション・フッターの高さ。この値はtableView:heightForFooterInSection:を実装していない時にのみ使われる。
    例)
    tableView. sectionFooterHeight = anyHeight(float);
    
    @property(nonatomic) CGFloat sectionFooterHeight
    セクション・フッターの高さ。この値はtableView:heightForFooterInSection:を実装していない時にのみ使われる。
    例)
    tableView.sectionFooterHeight = anyHeight(float);
    
    セルとセクションにアクセスする
    - (UITableViewCell *)cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
    指定されたインデックス・パスのテーブル・セルを返す。
    例)
    return cell;
    
    - (void)deleteRowsAtIndexPaths:(NSArray *)indexPaths withRowAnimation:(UITableViewRowAnimation)animation
    インデックス・パスで指定された行を、アニメーションを挟み消去する。
    例)
    [tableView deleteRowsAtIndexPaths:
     [NSArray arrayWithObject:indexPath]
       withRowAnimation:YES];
    
    - (id)initWithStyle:(UITableViewCellStyle)style reuseIdentifier:(NSString *)reuseIdentifier
    テーブル・セルを初期化して返す。
    例)
    typedef enum {
    
      UITableViewCellStyleDefault, 
       //黒色で左揃えのテキスト・ラベルと随意のイメージ。
      UITableViewCellStyleValue1, 
    //左側に左添えで黒色のラベルと右側に青色で小さい右揃えのラベル。
      UITableViewCellStyleValue2, 
       //左側に右揃えで青色のラベルと右側に左揃えで黒色のラベル。
      UITableViewCellStyleSubtitle
    } UITableViewCellStyle;
    
    @property(nonatomic, readonly, retain) UILabel * textLabel
    テーブル・セルのラベルを返す。
    例)
    cell.textLabel.text = @"any Text";
    
    @property(nonatomic, readonly, retain) UILabel * detailTextLabel
    テーブル・セルの二次のラベルを返す。
    例)
    cell.detailTextLabel.text = @"any Text";
    
    @property(nonatomic, copy) NSString * text
    テーブル・ビューのテキスト。デフォルトは、nil。
    テーブル・セルの編集を管理する。
    @property(nonatomic, getter=isEditing) BOOL editing
    編集モードかどうか判断したブール値。入力か消去のコントロールを押すとテーブル・ビューにデータ・ソースのメソッドのtableView:commitEditingStyle:forRowAtIndexPath:を発生させる。
    - (void)setEditing:(BOOL)editing animated:(BOOL)animate
    編集モードへの出入りを切り替える。animateをYESでアニメーションを挟んで編集モードへ。
    例)
     - (void)setEditing:(BOOL)editing 
      animated:(BOOL)animated{
    	
      [super setEditing:editing animated:animated];
    	
      [tableView setEditing:editing animated:YES];
    	
          if (!editing) { 
        
                  省略 
          }
     }
    
    テーブル・ビューを読み込む
    - (void)reloadData
    ローとセクションを再読み込みする。 例)
    [tableView reloadData];
    
    デリゲートとデータ・ソースを管理する。
    @property(nonatomic, assign) id dataSource
    テーブル・ビューのデータソース。
    例)
    < UITableViewDataSource > 
    
    tableView.dataSource = self;
    
    - (UITableViewCell *)tableView:(UITableView *)tableView cellForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
    データ・ソースにテーブル・ビューの指定の場所にセルを挿入するように要求する。返されたテーブル・ビュー・セルは、パフォーマンス上の理由から頻繁に再利用される。dequeueReusableCellWithIdentifier:のメッセージを送ることによって再利用のための印付けしたセルを取ってくる。セルの再利用ための識別子はinitWithStyle:reuseIdentifier:のメソッドを呼び出すことによってデリゲートがセルを初期化する時に割り当てられる。
    例)
     - (UITableViewCell *) tableView: 
     (UITableView *)tableView 
      cellForRowAtIndexPath: 
       (NSIndexPath *)indexPath {
       
     static NSString * CellIdentifier = @"Cell"; 
     CustomizedTableViewCell * cell =
     [tableViewdequeueReusableCellWithIdentifier:
      CellIdentifier];
        
        if(cell == nil){
    
            cell = [[CustomizedTableViewCell alloc] 
             initWithStyle:UITableViewCellStyleDefault 
             reuseIdentifier:CellIdentifier];
            cell.textLabel.textColor = [UIColor blueColor];
            cell.accessoryType = 
             UITableViewCellAccessoryNone;
            cell.selectionStyle = 
             UITableViewCellSelectionStyleGray;
        } 
    
        return cell;
    }
    
    - (NSInteger)numberOfSectionsInTableView:(UITableView *)tableView
    データ・ソースにセクションの数を返すように要求する。デフォルト値は1とする。
    例)
    return numberOfSection(int);
    
    - (NSInteger)tableView:(UITableView *)tableView numberOfRowsInSection:(NSInteger)section
    データ・ソースにローの数を返すように指示する。
    例)
    return numberOfRows(int);
    
    - (NSArray *)sectionIndexTitlesForTableView:(UITableView *)tableView
    データ・ソースにセクションのタイトルを返すように指示する。
    例)
    return @"sectionsTitle";
    
    - (NSString *)tableView:(UITableView *)tableView titleForHeaderInSection:(NSInteger)section
    データ・ソースに指定されたセクションのヘッダーのタイトルを返すように指示する。
    例)
    return @"headerTitleInSection";
    
    - (NSString *)tableView:(UITableView *)tableView titleForFooterInSection:(NSInteger)section
    データ・ソースに指定されたセクションのフッダーのタイトルを返すように指示する。
    例)
    return @"hooterTitleInTheSection";
    
    - (void)tableView:(UITableView *)tableView commitEditingStyle:(UITableViewCellEditingStyle)editingStyle forRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
    指定されたローの挿入、または消去をするようにデータ・ソースに指示する。
    例)
     if (editingStyle == 
         UITableViewCellEditingStyleDelete) { 
         
          省略 
     }
    
    - (BOOL)tableView:(UITableView *)tableView canMoveRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
    指定したローを他の場所に移すかどうかデータ・ソースに尋ねる。
    例)
    [(NSMutableArray *)marry 
     replaceObjectAtIndex:specifiedNumber 
      withString:[marray objectAtIndex:destinationNumber];
    
    - (void)tableView:(UITableView *)tableView moveRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)fromIndexPath toIndexPath:(NSIndexPath *)toIndexPath
    ローを指定した場所に移すようにデータ・ソースに指示する。
    例)
    return YES;
    
    @property(nonatomic, assign) id delegate
    テーブル・ビューのデリゲート
    例)
     < UITableViewDelegate >
    
     tableView.delegate = self;
    
    - (CGFloat)tableView:(UITableView *)tableView heightForRowAtIndexPath:(NSIndexPath *)indexPath
    指定した場所のローを指定した高さにするようにデリゲートに指示する。
    例)
    return anyHeight(float);
    
    - (CGFloat)tableView:(UITableView *)tableView heightForHeaderInSection:(NSInteger)section
    指定したセクションのヘッダーを指定した高さにするようにデリゲートに指示する。iOS 5.0以降はそれぞれのセクションのヘッダーの高さを返す必要がある。
    例)
    return anyHeight(float);
    
    - (CGFloat)tableView:(UITableView *)tableView heightForHeaderInSection:(NSInteger)section
    指定したセクションのフッターを指定した高さにするようにデリゲートに指示する。Planスタイルのテーブル・ビューでは呼ばれない。iOS 5.0以降は、それぞれのセクションのフッターの高さを返す必要がある。
    例)
    return anyHeight(float);
    
    参考:UITableView Class Reference
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.