My Application Objective C Reference
Home
Foundation.framework
NSObject
UIKit.framework
NSObject
UIControl
UIViewController
UIView
AVFoundation.framework
UITextView Class Reference
テキストビューの作成と初期化
  • init
  • テキストの属性を設定する
  • text
  • font
  • textColor
  • editable
  • textAlignment
  • セレクションの作業
  • – scrollRangeToVisible:
  • デリゲートにアクセスする
  • delegate
  • – textViewShouldBeginEditing:
  • – textViewDidBeginEditing:
  • – textViewShouldEndEditing:
  • – textViewDidEndEditing:
  • 概要
    スクロールでき、編集できる多様なテキストを表示する。
    例)
    UITextView * textView = [[UITextView alloc] init];
     textView.frame = CGRectMake(originX, 
      originY, width, height);
     textView.text = @"any text here";
     textView.backgroundColor = [UIColor clearColor];
     textView.textColor = [UIColor darkGrayColor];
     textView.font = [UIFont 
      fontWithName:@"AppleGothic" size:16];
     textView.textAlignment = UITextAlignmentLeft;
     textView.editable = NO; 
    [self.view addSubview:textView];
    テキストビューの作成と初期化
    テキストビューを初期化する。
    例)
    UITextView * textView = [[UITextView alloc] init];
    
    テキストの属性を設定する
    @property(nonatomic, copy) NSString * text
    テキスト・ビューで表示されるテキスト。
    例)
    textView.text = @"any text here";
    
    @property(nonatomic, retain) UIFont * font
    テキストのフォント。デフォルト・フォントは、17ポイント(point)Helvetica plainのフォント。
    例)
    textView.font = [UIFont 
     fontWithName:@"AppleGothic" size:16];
    
    @property(nonatomic, retain) UIColor * textColor
    テキストの色。デフォルト・カラーは黒色。
    例)
    textView.textColor = [UIColor darkGrayColor];
    
    @property(nonatomic, getter=isEditable) BOOL editable
    可能かどうか示すブール値。デフォルト値はYES。
    例)
    textView.editable = NO;
    
    @property(nonatomic) UITextAlignment textAlignment
    テキストの整列に使うテクニック。
    例)
    textView.textAlignment = UITextAlignmentLeft;
    
    セレクションの作業
    - (void)scrollRangeToVisible:(NSRange)range
    指定した範囲を表示するためにスクロールする。
    例)
    [textView scrollRangeToVisible:anyRange];
    
    デリゲートにアクセスする
    @property(nonatomic, assign) id delegate
    テキストビューのデリゲート。テキストビューの編集に関連したメッセージに応答する。
    例)
    < UITextViewDelegate >
    
    textView.delegate = self;
    
    - (BOOL)textViewShouldBeginEditing:(UITextView *)textView
    指定したテキストビューで編集を初めるかどうかデリゲートに尋ねる。YESで編集セクションが開始される。NOで編集を許可しない。編集のセッションが介された時に編集テキストビューは最初にこのメソッドを呼び出す。通常はYESを返す。
    例)
    return YES;
    
    - (void)textViewDidBeginEditing:(UITextView *)textView
    指定したテキストの編集を始めたことをデリゲートに知らせる。テキスト・ビューに変更が行われる前で編集が開始された後に即座にデリゲートにメッセージを送る。
    - (BOOL)textViewShouldEndEditing:(UITextView *)textView
    指定されたテキストで編集を止めるべきかどうかデリゲートに尋ねる。YESで編集セクションを止める。NOで続ける。存在しない場合はYESを返したようにファースト・リスポンダー・ステータスは解除される。
    例)
    return YES;
    
    - (void)textViewDidEndEditing:(UITextView *)textView
    指定されたテキスト・ビューの編集が終わったことをデリゲートに伝える。テキストビューは編集中を閉じてファースト・リスポンダー・ステータスを辞めるメッセージをデリゲートに送る。このメソッドは編集を初めた時に設定したデータ構造を壊すかステート・インフォメーションを変更することができる。
    参考:UITextView Reference
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.