My Application Objective C Reference
Home
Foundation.framework
NSObject
UIKit.framework
NSObject
UIControl
UIViewController
UIView
AVFoundation.framework
UIView Class Reference
ビューを初期化する
  • – initWithFrame:
  • ビューの外観を設定する
  • backgroundColor
  • alpha
  • イベントの動作を設定する
  • userInteractionEnabled
  • ボンドとフレームの動作を設定する
  • frame
  • bounds
  • center
  • transform
  • ビューの階層を管理する
  • superview
  • subviews
  • window
  • – addSubview:
  • – removeFromSuperview
  • ビューを描き、更新する
  • – drawRect:
  • – setNeedsDisplay
  • ジェスチャー・レコグナイザを管理する
  • – addGestureRecognizer:
  • – removeGestureRecognizer:
  • 動作時にビューを識別する
  • – viewWithTag:
  • ビュー編集セクションを終わりにする
  • – endEditing:
  •  ビューを初期化する
    - (id)initWithFrame:(CGRect)aRect
    長方形の枠にメモリを割り当てたビューを初期化して返す。
    新しいビューをウインドウのビューの階層に挿入する。プログラムによって作られたビューのメソッドは、UIViewクラス用のイニシャライザとなる。initWithCoderによって初期化される。
    例)
    UIView * view = 
      [[UIView alloc] initWithFrame:
      CGRectMake(originX,originY,width,height)];
    
    - (id)initWithFrame:(CGRect)frame {
    
        self = [super initWithFrame:frame];
        
       if (self) { 
    
           省略  
       }
    
        return self;
    }
    
    外観を設定する
    @property(nonatomic, copy) UIColor *backgroundColor
    背景の色。
    例)
    view.backgroundColor = [UIColor clearColor];
    
    @property(nonatomic) CGFloat alpha
    アルファの値。
    1が完全な不透明で0が完全な透明の0から1の範囲の浮動小数点数で表す。
    例)
    view.alpha = 0.8;
    
    イベントの動作を設定する
    @property(nonatomic, getter=isUserInteractionEnabled) BOOL userInteractionEnabled
    ユーザーイベントがイベント・キューから無視されて取り除かれるかどうか決めるブール値。
    例)

    view.userInteractionEnabled = YES;
    
    境と長方形のフレームを設定する
    @property(nonatomic) CGRect frame
    ビューの位置と大きさをスパービューの座標系で表す長方形フレーム。
    例)

    view.frame = CGRectMake(originX, 
     originY, width, height);
    
    @property(nonatomic) CGRect bounds
    ビューの位置と大きさを自身の座標系で表す長方形のbounds。スクリーン上で長方形フレームと同じ表示領域を表す。デフォルトで原点を(0,0)に設定する。 例)
    
    
    CGContextFillRect(context, self.bounds);
    
    @property(nonatomic) CGPoint center
    センターはスパービュー内の座標系に指定されてpointで計られる。プロパティーの設定するとそれに応じてフレーム・プロパティーの値も変わる。
    例)
    
    
    view.center = CGPointMake(anyValue, anyValue);
    
    @property(nonatomic) CGAffineTransform transform
    ボンズのセンターを比較することで、trasformを指定する。デフォルト値は、CGAffineTransformIdentityとなる。
    例)
    view.transform = 
      CGAffineTransformMakeTranslation
       (anyFloatValue, anyFloatValue);
       //移動 
    view.transform = 
      CGAffineTransformMakeRotation
       (M_PI * 90 / 180.0);
       //90度の回転
    view.transform = 
      CGAffineTransformMakeRotation(M_PI);
       //180度の回転
    view.transform = 
      CGAffineTransformMakeScale(0.5, 0.5);
       //4分の1へ縮小
    view.transform = 
      CGAffineTransformMakeScale(3.0, 3.0);
       //9倍へ拡大
    
    ビューの階層を管理する
    @property(nonatomic, readonly) UIView * superview
    スパービューかない場合はnilを返す。( read - only )
    @property(nonatomic, readonly, copy) NSArray * subviews
    直接のビュー。カスタマイズ・ビューの階層と関連付けられたサブビューは回収することができる。配列のサブビューの順番は、スクリーン上で見えている順番に反映する。インデックスの0が一番奥のビューです。どんなサブビューも通常はプライベートとして認識されて変換される。
    @property(nonatomic, readonly) UIWindow * window
    ウィンドーかビューがまだ、追加されてなければnil。
    例)
    _window = 
      [[UIWindow alloc] initWithFrame: 
       [[UIScreen mainScreen] bounds]];
    
    - (void)addSubview:(UIView *)view
    サブビューのリストの最後にビューを加える。
    例)
    [self.view addSubview:anyView];
    
    - (void)removeFromSuperview
    スーパービューとウィンドーからリンクを断ってリスポンダー・チェーンから取り除く。
    例)
    [anyView removeFromSuperview];
    
    ビューを描き更新する
    - (void)drawRect:(CGRect)rect
    渡した長方形内でイメージを映写する。
    - (void)setNeedsDisplay
    再映写が必要であるとマークする。
    例)
    [self setNeedsDisplay];
    ジェスチャー・レコグナイザを管理する
    - (void)addGestureRecognizer:(UIGestureRecognizer *)gestureRecognizer
    ジェスチャー・レコグナイザを付ける。
    例)
    UILongPressGestureRecognizer * longPressGesture = 
      [[UILongPressGestureRecognizer alloc] 
       initWithTarget:self
      action:@selector(LongPressGesture:)];  
    [self.vew addGestureRecognizer:longPressGesture];
     
     -(void) LongPressGesture:
      (UILongPressGestureRecognizer*) sender {
    
       CGPoint location = [sender 
        locationInView:self.view];
     } 
    
    - (void)removeGestureRecognizer:(UIGestureRecognizer *)gestureRecognizer
    ビューからジェスチャー・レコグナイザを切り離す。
    動作時にビューを識別する
    - (UIView *)viewWithTag:(NSInteger)tag
    指定された値と合致したビューを返す。
    例)
    CustmizedView * __weak view = 
      (CustmizedView *)[self.view 
        viewWithTag:anyNumber];
    
    ビューの編集セクションを終わりにする
    - (BOOL)endEditing:(BOOL)force
    ビューか埋め込まれたテキスト・フィールドのファースト・リスポンダー・ステータスを辞める。
    参考:UIView Class Reference
    Site Map Contact Us
    Copyright 2012 iBeginners All rights reserved.